当日予約OK ! どのアイテムを選んでも、似合うコーディネートが組める、本来の魅力を表現するために最適な状態に整えられたクローゼットを実現するためのレッスン

レッスン日程

レッスン内容

ワードローブレッスン

①お持ちいただいたお洋服を使用したコーディネート方法レッスン(最低6コーディネート)

▼コーディネートレッスン例

※ビフォーアフターの違いがわかりやすいよう、モデルさんには撮影用に着替えていただいております。通常のレッスン時はお着替えは無しで、お持ちいただいたアイテムのコーディネートアドバイスをさせていただく形となります。使用アイテムはモデルさん私物及び、サロンの備品です。

配色については、ドレープを用いて、どのように組むとお似合いになるのか詳しく説明させていただきます。


②撮影いただいたクローゼット内の写真を元に、ワードローブの組み立て方のアドバイス(足すと良い物・組み合わせると映える物などについて)

よくあるご質問

アフターフォロー

無料でのイラスト付きアドバイスが2回文章によるアドバイスが2回分ついているレッスンになります。ご受講後、ご質問がある場合は、お問い合わせフォームよりお送りいただくと、約5営業日でご回答をお送りさせていただきます。(有効期限ご受講後7年間)

イラスト付き回答例

質問例:レッスンしたメイクを元に、転職活動用と婚活用の写真を撮る際のポイントについて

質問例:レッスンしたメイクと、髪型診断に載っていた髪型にしてみました。普段用メイクとしては短時間でも完成度が高く見えるらしく、周りからの評判も良く気に入っています。レッスン中にお話しさせていただいた、転職活動用の証明写真と、婚活用のお見合いサイト掲載用の2種類の写真を近日中に撮影予定です。このメイクで撮影させて頂こうと思っていますが、何かもっと良くなる点があればアドバイスが欲しいです。転職活動はPR職を受けます。

回答例:髪型のシルエット、お顔のパーツの曲線とよくお似合いの形に仕上がってらっしゃると思います。
また、メイクも各パーツの作り方、形がきれいで、とてもお上手だと思います。眉の濃さに関してだけ、前髪がある場合は、もう少し薄めに作った方がバランスが整い、元のパーツの配置の良さがより生きます。図では、転職活動用と、婚活用のポイントについてご回答させていただきました。前髪のある無しで、眉の濃さと輪郭のぼかし方を調整することで、前髪・眉・目の見え方のバランスの取れてあか抜けた印象のメイクとなります。

▼転職活動用
履歴書など、「仕事が出来そう」「一緒に働ける協調性がありそう」「信頼がおけそう」といった印象を与える必要がある時は、目元は眉の形まではっきり出した方が、表情の変化が分かりやすい=コミュニケーションがとりやすい人物に見え、おすすめです。髪型については耳を少し出し、まとまり感を作ると、オープンで外交的かつしっかりした印象を持たれやすくなります。使われる色味の傾向については、職種にもよりますが、一般的にピンク系よりオレンジ系の色味の方が、ヘルシーな印象に見えやすく就活では好感度を抱かれやすいとされる為、オレンジ系の色味見本を作成させていただきました。

▼婚活用
お見合い用のお写真は女性らしい柔らかい雰囲気を強調したイメージに仕上げるのがおすすめとなります。髪は、軽くカーラーなどで丸みをつけ、ややふわっとした質感を足したスタイリング見本を作成させていただきました。前髪もふわっと緩いカーブにすると、目元がより優しい印象となります。前髪を作る場合は、眉をやや薄く輪郭をぼかし気味にすると、前髪と眉の面がぶつかることなく、自然な目元に仕上がります。

・回答イラスト見本

質問例:パリジェンヌ風コーディネートとメイクのポイントについて

質問例:教えてもらった、曲線優位の顔でも体にぴったりした形で線が曲線に見えるならボーダートップスも着られるという事で着てみました。パリジェンヌのスナップに載っている、ジャケット+ボーダートップス+赤の差し色のコーディネートに憧れがあります。着てみた感想として色は気に入っていますが、やっぱり着太りして見える気がします。ボーダーを着る時、すっきり見える方法があれば教えてください。メイクについては、「コーディネートにあっているか」と、「目の下のクマが消えていない気がするので、コンシーラーの使い方」を重点的にアドバイス欲しいです。 

回答例:
ボーダートップスの生地の厚み、線の太さと間隔、お顔のパーツと良くあったものをお選びだと思います。ジャケットの選び方も、全面のボタンの丸みが目立つデザインで、目の丸みにリンクしていますね。直線が多いジャケットですが、お顔の曲線の多いパーツと乖離した印象が抑えられ、良くお似合いのものを選ばれていると思います。色合わせも素敵ですね。パリジェンヌらしい雰囲気が良く出ていると思います。

▼コーディネート
ジャケット合わせで、ボーダートップスをすっきり着こなすポイントを見本で作成させていただきました。
ジャケットなどの直線が目立つアイテムを曲線優位の骨格の方が着こなす際は、違和感なくコーディネートの中に曲線要素を混ぜていくのがすっきり見せるポイントになります。
直線アイテムを合わせる=曲線部分(頬骨やあごの丸み、腰回りの丸み)が対比で目立ち、着太りして見えやすいので、曲線をコーディネート自体に入れ込むと、その対比が緩和されて、着太りしなくなります。

・曲線要素(丸み)を足すポイント
①髪を後ろでまとめて、頭の丸みを強調
(ゴムで結べない長さの時は、襟足部分をねじってピン留め⇒スプレーで固定などがおすすめです。)
②丸いイヤリング・ピアスを足し、更に曲線要素を追加
③あごの丸みに合うように、ネックラインに丸みを入れる、更にネックレスで丸みを強調
④パンツの裾部分を、丸みをもたせて靴にかかるようにする。

・スタイルアップのポイント
①ジャケットの前あき部分がやや広いので、幅をせまめに(特に下の部分の幅を狭めて、V字型に近くなるように)、襟部分は曲線になるように調整する。
②トップスとボトムスの切り替え位置については、おおよそ『あご下~足首の付け根の長さに対して、1/3』辺りにすると、全身でバランスが整い、本来のスタイルの良さが生きます。
ハイウエストパンツが流行っていますので、お送りいただいたお写真のバランスの方が流行の形にはあっています。ただ、すっきり見せることを優先する場合は、もう少しウエスト位置を下げた方がおすすめです。
③ボトムスの皺を曲線にすると、パンツの直線的な形にも曲線を足すことができ、腰回り~太ももの丸みの張り出しが目立つのを軽減する効果があります。落ち感のあるパンツの場合は、着た後に軽く直線的すぎる皺が無いかチェックし、ところどころ手で引っ張って、丸みのある皺にすると、よりすっきりして見えます。

▼メイク
・コーディネートとより合わせるポイント
赤リップの色選びがバッグとあってらして、つけられている色の濃さもコーディネート全体の色の明暗とマッチしていて、とてもお上手だと思います。
眉部分に関しては、もう少し太く+角を丸くした方が、トップスの首元の太めの紺色と太さのバランスが良くなります。
アイラインに関しては、パリジェンヌのメイク = 寝起きに赤リップのみ、といった作りこみ過ぎないイメージが強いので、もう少し肌になじませた方が、よりコーディネートの雰囲気と合うかと思います。アイライナー黒ラインの上に茶色のペンシルをのせた二重ラインは目が大きく見えつつ、自然な印象になります。
・クマのカバーについて
クマ部分については、お写真だと、ぼかす際にクマとその下の明るい肌の部分の境目を良くぼかしすぎていて、その上が濃くなっているように見えました。コンシーラーを載せる位置、ぼかしのグラデーションの見本について、図を作成させていただきましたので、クマの端が一番濃くなるように、ぼかしを入れることをお試しいただけますと幸いです。

・回答イラスト見本

文章回答例

質問例:診断シートで、靴はラウンドトゥとアーモンドトゥ両方が似合うとチェックがついていましたが、どちらがより似合うのか、音声データを聞き直しても説明が無かったようなので、あれば教えてほしい。

回答例:お顔のパーツの曲線感とマッチする曲線が入っているトゥがお似合いになられますが、
ラウンドトゥの方が、よりキュートな印象になり、アーモンドトゥの方がやや大人っぽい印象となられます。どちらかがより似合うという事はありませんため、作りたい印象によってお使い分けいただけますと幸いです。可愛らしい印象のお洋服の際はラウンドトゥ、お仕事でスーツなどカチッとした印象にされたい時は、アーモンドトゥがおすすめとなります。

質問例:Iラインが似合うと教えてもらいましたが、フレアパンツのように広がるタイプは、似合うIラインに入るのか診断シートを読んでも不明でした。資料のタイプ別おすすめブランドに入っている私のhanairo美人タイプに合うブランド名(〇〇)の商品にはあるようですが、こちらは私には合う形ですか。

回答例:お似合いになるのが細いIラインシルエットでらっしゃるため、ブランド名(〇〇)にございます今季のフレアパンツに関しては、やや裾広がり感が強く、足元が少し重く見えることが想定されます。
その場合、
・白に近い薄めの色を選ぶ
・靴をヒールが5㎝以上のものにする
を入れて頂くと、お似合いになるコーディネートが組んでいただけるかと思います。